ぽちぽち あそぶログ

小説、漫画、アニメ、映画などさまざまなジャンルを徒然語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

【レビュー】 映画 「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」

 3部作の3作目。アムロとララァとの戦うマシーンとしてのニュータイプ以外ではなく、本来の意味でのニュータイプの可能性を感じさせてくれる出会い、そして悲劇的な別れ、またこの事件がシャアとアムロの記憶に永遠の溝を刻み込みZや逆襲のシャアへと因縁への繋がる。
 さりげなく、デギン・ザビがジオン・ダイクンの思想とは異なる独裁的な国家を作り上げた正当性など、ジオン公国建国に纏わるエピソードなどを織り交ぜており、政治色の強い部分もあります。また、シャアがザビ家への復習以外にニュータイプも共存できる世界への展望といった未来志向の目的を持ちつつあることを示唆するシーンも散見されZ以降の作品への布石とも読み取れます。ちょっと最後はニュータイプの能力の安売りが気になりますが(まあ、全作品とも最終話付近は過剰なニュータイプの能力に閉口しますが・・・)、概ね感動的なストーリーです。

映画「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」

☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

【レビュー】映画 「機動戦士ガンダムII 哀・戦士」

 3部作の2作目。母との別れや父との決別などメンタル面では辛いことが多い中、次々と新手のモビルスーツを繰り出すジオンとの戦いの中で戦士としてのニュータイプの能力を開花していく。
 ニュータイプという言葉が多く見られるようになり、設定としても宇宙に出た人類が進化し、人と人とが分かり合える能力ということになっており、ただ戦いに強いパイロットとは一線を画そうとはしている。また、自分の中の記憶ではニュータイプの能力だけで戦果を挙げているイメージのアムロだけど、ザクを参考に新手のモビルスーツの性能を分析シュミレーションしているシーンなどが散見され、なかなかの努力家で単純に能力でやっているわけではないのだと納得した。ただ、Zガンダムのアムロを見ていると、1年戦争後はそんな努力は無視されてニュータイプとしての能力を警戒された挙句、軟禁状態では性格も少々屈折するのも仕方がないとは思う。

映画 「機動戦士ガンダムII 哀・戦士」

☆☆☆☆

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

【レビュー】映画 「のぼうの城」

 和田竜 原作の小説を映画化したもの。でくのぼうを略してのぼう様と領民から慕われていた成田長親率いる500人(領民合わせて3000人)が2万人の石田三成率いる天下の豊臣秀吉軍相手にろう城し、一歩も引かず防戦するというお話。
  テンポ良くコミカルタッチに話が進むので歴史好きでなくても笑いもあり迫力シーンもあり満足できる仕上がりです。しかしながら、城や戦場のシーンなどリアルで奥行き深い描写は歴史ファンには見応えがあり、満足度は高いと思います。
  個人的には、堅城=急峻な山城、石垣の平城というイメージがありましたが、その先入観を払拭してくれる水に浮かぶ土の平城が印象的でした。「忍の浮き城」と後世に呼ばれるだけの堅城ぶりを描写できていたと思います。


のぼうの城

☆☆☆☆

テーマ:映画 - ジャンル:映画

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

【レビュー】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

新劇場版の第3作。完全オリジナルの3作目ですが出だしは?の連続でした。ただ、中盤以降は「人類補完計画」の内容がぼんやりと掴め、TV版などの作品の終盤よりはまだ分かりやいストーリーとなっていますね。次作ですっきりと終わらせて欲しいものです。



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

☆☆☆

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

トラックバック:0 | コメント:0 | top |
プロフィール

ぽちぽち

Author:ぽちぽち
小説(歴史物がやや多め)やガンダム等のアニメ、映画(アクション物多め)を中心に見てます。
司馬遼太郎、陳瞬臣、村上春樹、宮城谷昌光、などがお気に入りです。

カテゴリ
ユーザータグ
最新記事
月別アーカイブ
アクセス数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
1411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
783位
アクセスランキングを見る>>

ぽちツイッター

全記事表示リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。