ぽちぽち あそぶログ

小説、漫画、アニメ、映画などさまざまなジャンルを徒然語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

【レビュー】 「歩兵の本領 」 浅田次郎 著

 世界一奇妙な軍隊・自衛隊。高度成長期、若者たちの苦悩と涙と笑いを集めた筆者の体験を基に描かれた短編集。
 時代に取り残されたパラレルワールドのような自衛隊で、暴力や理不尽がまかり通る一見辛く悲惨な世界であるが、なぜかユーモアと温かみを感じさせるエピソードのバランスが絶妙。見ていても、素直に物語に入って行けます。


「歩兵の本領 」 浅田次郎 著
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

【レビュー】 「プリズンホテル 春」 浅田次郎 著

 シリーズ第4作。文壇最高の賞「日本文芸大賞」の候補にまでなった極道小説家の木戸孝之介。その最高の賞発表前日に再びプリズンホテルへ。そこではさまざまな人々が珍騒動を繰り広げながらも物語は笑って泣ける大団円へ。
 相変わらずの珍騒動の1泊2日だが物語が終わるころにはちゃんと収束しているところが見事です。ただ、今回はシリーズの話も収束させなければならない分書ききれない部分もあったかな。実の母子、叔父と甥というわだかまりのあった関係についてはもう少し充実させて描いたうえで大団円に導いて欲しかったところです。


「プリズンホテル 春」 浅田次郎 著

☆☆☆

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

【レビュー】 「プリズンホテル 冬」 浅田次郎 著

 シリーズ第3作。血まみれのマリアと異名を持つ看護士、、天才登山家、患者を安楽死させてしまった医師、リストラ直前の編集者、自殺願望の青年など相変わらずいろいろな問題を抱えた人々が集うプリズンホテルは健在。
 本作は、4部作の3作目ということもあり、それぞれが持つ内外面の問題が顕在化し、苦悩するという場面がクローズアップされています。ただ、これだけ問題を抱えた人々をハッピーエンドに導けるのか最後となる4作目が楽しみです。


「プリズンホテル 冬」 浅田次郎 著

☆☆☆

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

【レビュー】 「プリズンホテル 秋」 浅田次郎 著

 売れっ子の極道小説家の木戸孝之介が主人公のシリーズの2作目。おなじみ大曽根一家御一行と、酒癖の悪さで有名な警視庁青山警察の慰安旅行のバッティング、元アイドル歌手とその愛人がお忍びで現われたりと、何でもありの温泉宿の一泊二日。
 とにかくヤクザと警察という最凶のバッティングからして波乱の展開。ただ、前回同様カオス的な状況から訪れる人々を幸せにするというプリズンホテルのマジックは健在です。


「プリズンホテル 秋」 浅田次郎 著

☆☆☆

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

トラックバック:0 | コメント:0 | top |

【レビュー】 「プリズンホテル 夏」 浅田次郎 著

 売れっ子の極道小説家の木戸孝之介が主人公。主人公の叔父にしてヤクザの大親分の仲蔵が、温泉リゾートホテルのオーナーに。「プリズンホテル」=監獄ホテルと陰口されるホテルでの奇妙な人々が繰り広げる、涙と笑いの物語。シリーズ第一作。
 やけっぱちな設定に思えて期待せずに読み進めましたがその予想は見事に覆されました。設定こそ大胆ですが、息のつく暇を与えないほどに次から次へと事件が突発する緻密で急展開のストーリーや物語中の人物の生き生きとした人物描写によって、深く物語の世界に引き込まれます。コメディ、人情ものとは少し違い、当然任侠ものとも違う少し不思議なジャンルの小説です。
「プリズンホテル 夏」 浅田次郎 著

☆☆☆☆

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

トラックバック:0 | コメント:0 | top |
プロフィール

ぽちぽち

Author:ぽちぽち
小説(歴史物がやや多め)やガンダム等のアニメ、映画(アクション物多め)を中心に見てます。
司馬遼太郎、陳瞬臣、村上春樹、宮城谷昌光、などがお気に入りです。

カテゴリ
ユーザータグ
最新記事
月別アーカイブ
アクセス数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
1411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
783位
アクセスランキングを見る>>

ぽちツイッター

全記事表示リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。