ぽちぽち あそぶログ

小説、漫画、アニメ、映画などさまざまなジャンルを徒然語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

【レビュー】 機動戦士Zガンダム Volume.13

シロッコとカミーユ、ハマーンとシャア、最終激戦の中でそれぞれの雌雄がついに決せられる。第47話「宇宙の渦」から第50話「宇宙を駆ける」までの全4話を収録。
 カミーユは自分の最後を予感しているようにシャアに未来を託すセリフがあり、そしてシャアが姿を現すのは逆襲のシャアの舞台、第2次ネオジオン抗争になる。そこで語られるオールドタイプへの絶望と人類粛清という極端な行動がカミーユと一緒に行動をともにしたシャアの結論というのは複雑な心境です。シャアにとっては、アムロとは常にライバル関係、ハマーンとは恋愛感情もあり単純な関係ではないが、カミーユとは友人のような息子のような対等な関係で接したニュータイプであり深層心理に与える影響は大きいと思います。そうした観点で見てみるとさらに面白みが増します。一応、ティターンズとの決着は付きますが、ネオジオンは漁夫の利を得た形で戦力を温存し、ZZに続きます。
 映画版のZガンダム3部作は直接「逆襲のシャア」へ物語りが続くよう作られており、原作アニメのZガンダムは「ZZ」から「逆襲のシャア」へとづづきます。ZZのストーリーがやや荒いところもあり映画版のZから逆襲のシャアへ続ける方が物語りとしてはキレイですが、ジュドーとカミーユの数少ないやり取りとジュドーのバイタリティあふれるキャラクターも捨てがたいです。個人的には僅差で原作アニメZからZZの流れをお勧めします。


機動戦士Zガンダム Volume.13

☆☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ぽちぽち

Author:ぽちぽち
小説(歴史物がやや多め)やガンダム等のアニメ、映画(アクション物多め)を中心に見てます。
司馬遼太郎、陳瞬臣、村上春樹、宮城谷昌光、などがお気に入りです。

カテゴリ
ユーザータグ
最新記事
月別アーカイブ
アクセス数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
1765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
898位
アクセスランキングを見る>>

ぽちツイッター

全記事表示リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。