ぽちぽち あそぶログ

小説、漫画、アニメ、映画などさまざまなジャンルを徒然語るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top |

【レビュー】 「孟嘗君(4)」 宮城谷昌光 著

 覇権が魏から斉へと移りつつある戦国中期、田文の父田嬰が斉の宰相となり文も頭角を表していく。
 田文が4巻最後でやっと嘗の地を与えられ孟嘗君となるのだが、まだ父の下に隠れた存在であり新の活躍は5巻に持ち越し。そういう意味では、孟嘗君というタイトルであるが、実質は実父田嬰と養父白圭、そして孟嘗君の3者が主人公といっても過言ではない(準主役で、公孫軮と孫ピン)。そのおかげもあり、戦国中期の情勢が分かり易く描かれているので戦国時代の背景など知らない人にも読みやすいと思います。


「孟嘗君(4)」 宮城谷昌光 著

☆☆☆
スポンサーサイト
トラックバック:0 | コメント:0 | top |
コメント
コメントの投稿














非公開コメント

トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ぽちぽち

Author:ぽちぽち
小説(歴史物がやや多め)やガンダム等のアニメ、映画(アクション物多め)を中心に見てます。
司馬遼太郎、陳瞬臣、村上春樹、宮城谷昌光、などがお気に入りです。

カテゴリ
ユーザータグ
最新記事
月別アーカイブ
アクセス数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
1765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
898位
アクセスランキングを見る>>

ぽちツイッター

全記事表示リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。